原作出版75周年 きかんしゃトーマス展 ソドー島のなかまたちが教えてくれたこと

企画展
会期

2020年12月24日(木)から
2021年03月28日(日)まで

休館日

月曜日(ただし1月4日、11日は開館)、12月28日(月)~1月1日(金)、1月12日(火)

時間

午前9時30分から午後5時まで
(券買は閉館30分前まで)

会場

企画展示室

観覧料

【前売券】一般のみ 800円

[販売期間]10月24日(土)~12月23日(水)

★ セブン-イレブン(セブンチケット)限定販売
・オリジナルポストカード付き前売券 一般のみ 1,000円
・カレンダー付きペア前売券   一般のみ 2,000円

【当日券】
一般1,000円(800円)、

大学生・高校生 800円(600円)、

中学生以下無料

※( )内は20名以上の団体料金、リピーター割引料金(本展観覧券の半券提示で本展の2回目は団体料金)
※会期中は本展観覧券で「コレクション展」もご観覧いただけます

※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方と一部の介助者は無料(受付にてご提示ください)

★平日GOGO割

1月13日 以降の平日午後3時以降に当日観覧券をお求めの方は200円引(他の割引との併用はできません)


展覧会概要

世界中の子どもたちに愛されている「きかんしゃトーマス」の原作、『汽車のえほん』シリーズがイギリスで出版されてから75周年。
原作者ウィルバート・オードリー牧師は、幼いころ家の近くを走る鉄道を眺めたり蒸気の音を聴いたりしては想像力を膨らませました。鉄道のとりこになった彼が、病をわずらった息子を元気づけようと、即興で語り聞かせたお話が「きかんしゃトーマス」の始まりです。
その後26冊の絵本が出版され、模型による実写アニメーション、さらには現在放映中のCGアニメへとその世界は広がっていきました。
物語はどれも、作者の鉄道への愛情、子どもたちを楽しませたいという想いにあふれ、またそこには牧師だった彼ならではの道徳的価値観も表現され、「正直」、「努力」、「仲間」といったエッセンスは今のアニメにも受け継がれています。
本展では、日本初公開品を含む約180 点の絵本の挿絵原画と、人形劇の撮影に使用されたプロップス(小道具)など、貴重な資料によって原点から現在に至るトーマスたちの世界を紹介します。
個性豊かな機関車たちが、子どもたちへ、そしてかつて子どもだった大人たちにも原作者のあたたかなメッセージを伝えてくれることでしょう。

きかんしゃトーマス展プレスリリースはこちら

〔前売券プレイガイド〕
セブン-イレブン(セブンチケット)、ローソンチケット(Lコード:33810)、チケットぴあ(Pコード:685-416)、新潟県内イオン27店舗、BPサービスデスク、インフォメーションセンターえん、hickory03travelers、シネ・ウインド、新潟県立万代島美術館ミュージアムショップ、新津美術館、新潟市美術館

主催 新潟市美術館、TeNYテレビ新潟

後援 新潟県国公立幼稚園・こども園協会、新潟県保育連盟、新潟県私立保育園・認定こども園連盟、一般社団法人新潟県私立幼稚園・認定こども園協会
協力 マテル・インターナショナル株式会社、ソニー・クリエイティブプロダクツ、ポプ
ラ社、大東文化大学 英米文学科教授 河野芳英
新潟展協力 バルーンショップ アーガシィ
企画制作 東映株式会社

 


【ご来館のみなさまへ】

新型コロナウィルス感染拡大防止のためにご協力をお願いいたします。

・ 発熱等体調不良のある方は来館をご遠慮ください(入口にて検温を行います)。
・ ご入場の際には手指を消毒し(アルコールを準備しております)マスクをご着用ください。
・ お客様同士間隔をとってご観覧ください。混雑時は入場制限を行う場合がございます。
・ ご鑑賞時間はおおむね1時間を目安としていただきますようご協力ください。