艶美の競演 ―東西の美しき女性 木原文庫より―

企画展
会期

2020年10月31日(土)から
2020年12月13日(日)まで

休館日

月曜日(ただし112日・23日は開館)、114()24()

時間

午前9時30分から午後6時まで
(券買は閉館30分前まで)

会場

新潟市美術館 企画展示室

観覧料

一般1,000円(800円)、大学生・高校生800円(600円)、中学生以下無料

( )内は、20名以上の団体、リピーター割引料金*

*本展観覧券の半券提示で本展2回目以降の来場は団体割引


展覧会概要

埼玉在住の木原眞人きはらまさと氏が所蔵する近代日本画コレクション「木原文庫」より、名品を紹介する展覧会を開催いたします。
木原氏は幼少期より近世・近代の文学に親しみ、職を得た後に文学者の書跡や資料の収集を始めました。やがて日本画の線描の精妙さ、美しさに惹かれ、近代日本画、とりわけ美人画を多く収集するようになり、それらが「木原文庫」と称されるようになりました。
本展覧会では、「第一部 東西美人画の競演」として、東京の鏑木清方かぶらききよかた、大阪の島成園しませいえんを中心に、上村松園うえむらしょうえん北野恒富きたのつねとみ木谷千種きたにちぐさらの作品によって、日本画における女性表現の魅力をご紹介します。東京・京都・大阪、三都の画家たちによる美人画を、新潟の地でいちどきに見ることのできる貴重な機会となります。また、「第二部 近代日本画の名手」では横山大観たいかん、竹内栖鳳せいほう、冨田溪仙けいせん、橋本関雪かんせつ、土田麦僊ばくせんらの歴史画、花鳥画、風景画が並びます。
女性の色香、景物の情趣、伝統の品格―。全91点の作品を通じ、日本画が洗練させてきた美の世界をどうぞご堪能ください。

艶美の競演展プレスリリースはこちら

監修:笠岡市立竹喬美術館顧問 上薗四郎氏
主催:新潟市美術館
企画協力:青幻舎プロモーション

※会期中12月6日(日)までは、本展観覧券で同時開催のコレクション展もご覧いただけます。(12/8~13は、コレクション展展示替のため、ご覧いただけません。)


1 対談「木原文庫の魅力」

講師:木原眞人氏(医師、コレクター)
上薗四郎氏(笠岡市立竹喬美術館顧問)

日程:11月14日(土) 午後2時~3時30分
会場:新潟市美術館 2階 講堂
事前申込制(定員50名)、聴講無料

*往復はがきに、参加人数(1通につき2名まで)、参加者全員の氏名・住所・電話番号・「対談」を明記の上、お申込みください。10月31日(土)必着。応募多数の場合は抽選となります。

2 担当学芸員による作品解説会

日程:11月2日(月)・23日(月・祝) 各日午後2時~(30分程度)
会場:新潟市美術館 2階 講堂
申込み不要、要当日観覧券

3 美術講座

①「和紙のはなし」
講師:星野立子(当館学芸員)
日程:2020年11月21日(土) 午後2時~3時30分
会場:新潟市美術館 2階 講堂
申込み不要、聴講無料、定員50名(先着順)

②「美人画に見る女のおしゃれ」
講師:荒井直美(当館学芸員)
日程:2020年12月5日(土) 午後2時~3時30分
会場:新潟市美術館 2階 講堂
申込み不要、聴講無料、定員50名(先着順)