コレクション展Ⅲ 美術のドラマツルギー 「名場面」のつくりかた

コレクション展
会期

2017年12月08日(金)から
2018年04月08日(日)まで

 

休館日

月曜日(ただし、2月12日は開館)
2月13日(火)

年末年始(12月26日(火)~1月9日(火))

3月27日(火)~3月31日(土)

 

時間

午前9時30分~午後6時(観覧券の販売は午後5時30分まで)

会場

新潟市美術館 常設展示室

観覧料

観覧料:一般200円(160円)、大学生・高校生150円(110円)、中学生・小学生100円(70円)

()内は団体(20名以上)料金

*土・日・祝日は中学生・小学生無料
*当館主催の企画展開催中は、その観覧券でコレクション展もご覧になれます。また、中学生・小学生は企画展と合わせて無料となります。
*障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方及び一部介助者は無料(受付で手帳をご提示ください)。
*団体観覧で解説をご希望の場合は、事前にご連絡ください。


展覧会概要

 一つの作品の中で起こっているできごと。鑑賞とはそれを読み解く楽しみです。では、芸術家たちは、どうやってその「ドラマ」を「演出」しているのでしょうか?

たとえば写真作品の「決定的瞬間」。目の前の光景をただ写し取るのではなく、巧みなフレーミング、アングル、フォーカスなどのカメラワークによって、印象はさまざまに変化します。絵画の構図も同じように考えることができるかもしれません。視線がどのように導かれていくのか、構図や色彩、隠されたモチーフにも注目することで、ドラマとそれを読む楽しみは一層深まっていくでしょう。

 本展では、新潟市美術館の所蔵品を、それぞれの「名場面」がどうやって生まれてきているのか、解き明かしながらご紹介します。美術家という名監督の作劇術、その秘密に迫っていきましょう。


◆コレクション展ギャラリートーク(当館学芸員による解説)

1223日(土)、127日(土)、224日(土)、324日(土)

午後2時から230
*直接常設展示室にお越しください。

*当日の観覧券が必要となります。

◆ふれあい美術館ガイド(美術館協力会ボランティアによるご案内と解説)

1217日(日)、121日(日)、218日(日)、3月18日(日)

*午前11時から(直接エントランスホールにお越しください)

*当日の観覧券が必要となります。