コレクション展Ⅲ 新収蔵品から/彫刻の回廊

コレクション展
会期

2022年10月28日(金)から
2023年01月29日(日)まで

休館日

月曜日(ただし1月9日は開館)、11月24日(木)~11月28日(月)、12月26日(月)~1月3日(火)

時間

午前9時30分~午後5時(観覧券販売は閉館30分前まで)

会場

新潟市美術館 常設展示室

観覧料

観覧料:一般200円(160円)、大学生・高校生150円(110円)、中学生・小学生100円(70円)

()内は団体(20名以上)料金

*土・日・祝日は中学生・小学生無料

*当館主催の企画展開催中は、その観覧券でコレクション展もご覧になれます。また、中学生・小学生は企画展と合わせて無料となります。

*障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方及び一部介助者は無料(受付で手帳をご提示ください)。

*団体観覧で解説をご希望の場合は、事前にご連絡ください。

*11月3日(水・祝、文化の日)は無料


展覧会概要

〈新収蔵品から〉
令和3年度の新収蔵品を紹介します。これらのご寄贈により、当館のコレクションは総計4,984点となりました。一つ一つの作品に、収集にいたる経緯があります。当館学芸員が作成し、美術資料選定委員会に提出された調書から、新収蔵品それぞれの「作品解説・収集意図」も公開します。

〈彫刻の回廊〉
当館が収蔵する彫刻・立体作品は現在113点。今回は、おもに具象作品を特集します。これまで展示される機会が比較的少なかったものです。抽象作品があまり出ていない展示は、当館では珍しいと思われます。

〈中野克俊コレクション〉
加えて、知る人ぞ知る収集家・中野克俊氏のご協力により、氏のメダル・コレクションを紹介します。明治以降、昭和戦前期までに制作された、日本近代彫刻史の周辺を伝えるちいさな優品・珍品の数々です。

 

【出品リスト】はコチラ(PDF382KB)

コレクション展ギャラリートーク

当館学芸員による列品解説です。

2022年11月12日(土)、
2022年12月17日(土)、
2023年1月14日(土)
各日午後2時より(30分程度)

*直接常設展示室にお越しください。
*当日の観覧券が必要となります。