コレクション展Ⅰ まる、はじまりのかたち

コレクション展
会期

2018年04月20日(金)から
2018年07月29日(日)まで

休館日

月曜日(ただし4月30日、7月16日は開館)、6月12日(火)~6月22日(金)、7月17日(火)

時間

午前9時30分~午後6時(観覧券の販売は、午後5時30分まで)

会場

新潟市美術館 常設展示室

観覧料

観覧料:一般200円(160円)、大学生・高校生150円(110円)、中学生・小学生100円(70円)

()内は団体(20名以上)料金

*土・日・祝日は中学生・小学生無料

*当館主催の企画展開催中は、その観覧券でコレクション展もご覧になれます。また、中学生・小学生は企画展と合わせて無料となります。

*障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方及び一部介助者は無料(受付で手帳をご提示ください)。

*団体観覧で解説をご希望の場合は、事前にご連絡ください。


展覧会概要

「まる」いかたち。

単純なかたちですが、それは小さな「核」として多様に読み取れる可能性を秘めており、

様々なモチーフを連想させます。

たとえば「りんご」。聖書では禁断の果実であり、西洋近代美術史で「セザンヌのりんご」と

言えばキュビスムの始まりを予感させるように、多様な意味合いをもつ果物です。

1950 年代には、最小限のかたちを追求した抽象絵画が出現します。

そうした美術の動向を踏まえながらも、この「まる」を身近なものに当てはめてみると、

作家らは様々な「まる」みを帯びたモチーフを扱っていることに気付きます。

この世界にはたくさんの「まる」が潜んでいるのです。

生命の誕生を告げる繭やたまごは丸みを帯び、地球やそれを取り巻く天球は楕円形の軌道を描いている…。

その一方で、幾何的で記号的に用いられる完璧な「まる」もあり…。

「まる」、その奥深き世界をご紹介します。


関連イベント

■コレクション展ギャラリートーク

日 時 :4月28日(土)、5月26日(土)、6月23日(土)、7月28日(土)
各日午後2時から(30分程度)

*直接常設展示室にお越しください。
*当日の観覧券が必要となります。

■ふれあい美術館ガイド(美術館ボランティアによるご案内と解説)

日 時 :5月27日(日)、6 月24 日(日)、7 月22 日(日)
午前11時から(30分程度)

*エントランスホールにお越しください。
*当日の観覧券が必要となります。

連絡先 新潟市美術館
TEL:025-223-1622  FAX:025-228-3051