石川直樹 この星の光の地図を写す

企画展
会期

2017年08月10日(木)から
2017年09月24日(日)まで

休館日
  • 月曜日、9月19日(火)

※ただし、8月14日(月)、9月18日(月・祝)は開館

会場

新潟市美術館 企画展示室

観覧料

一般1,000円(800円)、大学生・高校生800円(600円)、中学生以下無料

*( )内は団体(20名以上)・リピーター割引料金


展覧会概要

 

世界をフィールドとして活躍する写真家、石川直樹(1977-)は、極地や高山、島々を旅しては、その風景や人々の暮らしを写してきました。人類学や民俗学を背景に持つ石川のまなざしは、自然に向き合って生きる人間の叡智に注がれています。新潟に取材した《潟と里山》をはじめ初期から現在に至る代表的なシリーズを、未発表作を加えて構成、紹介します。

主催             新潟市美術館
共催            NST
協力            SCAI THE BATHHOUSE、産経新聞社
企画協力 水戸芸術館現代美術センター


【会期中のイベント】

◆石川直樹 アーティストトーク
出演:石川直樹氏(写真家)
日時:8月11日(金・祝) 午後2時~3時30分
会場:当館2階講堂
定員:100名  要観覧券(半券可)
申込方法:メール、FAX、往復はがきによる事前申込(応募多数の場合抽選)
①お名前、②ご住所、③お電話番号、④ご希望の人数、⑤アーティストトーク希望と明記の上、美術館宛て(〒951-8556新潟市美術館/FAX 025-228-3051/mail museum@city.niigata.lg.jp)にお送りください。
*7月25日(火)必着、1件につき2名様までお申込みできます。

 

◆水と土の芸術祭2018 プレイベント VJ+DJイベント「惑星の光と声、新潟の水と土」
日時: 8月20日(日) 午後2時~3時30分
出演:石川直樹氏(写真家)
森永泰弘氏(サウンドデザイナー)
会場:当館2階講堂
定員:100名(小学生以上対象(小学生の場合、保護者の方も申込の上ご参加ください):要石川直樹展観覧券(半券可))
共催:水と土の芸術祭2018実行委員会
申込方法:メール、FAX、往復はがきによる事前申込(応募多数の場合抽選)①お名前、②ご住所、③お電話番号、④ご希望の人数、⑤水土プレイベント希望と明記の上、美術館宛て(〒951-8556新潟市美術館/FAX 025-228-3051/mail museum@city.niigata.lg.jp)にお送りください。 *8月10日(木)必着、1件につき2名様までお申込みできます。

◆ギャラリートーク(当館学芸員による解説)
8月13日(日)、8月27日(日)、9月10日(日)各日午後2時から(30分程度)
*直接企画展示室にお越しください。
*当日の観覧券が必要となります。

◆美術講座「3・11以降の写真」
9月16日(土) 午後2時から(90分程度)
担当学芸員 荒井直美
会場:当館2階講堂
*申込不要、参加無料、先着100名

 

◇コラボイベント
サテライト展 8月10日(木)~9月4日(月)(火水定休、無料)
石川直樹アーティストナイト 8月10日(木)午後6時30分から(定員20名、要申込)
*本展観覧券の半券をコラボ展にて提示するとオリジナルグッズをプレゼント

BOOKS f3(ブックスエフサン)
新潟県新潟市中央区沼垂東2丁目1−17 025-288-5375  info@booksf3.com