遠藤彰子先生によるワークショップ(7/27開催)参加申込み受付中です!(6/30締切)

イベント

遠藤彰子さんは、身の回りのものに直接絵を描くことがあります。
そうした作品をきっかけに、自分の暮らしの中にあるものを、
何かに見立てて自由に絵を描くワークショップを行います。
出品作家であり、武蔵野美術大学名誉教授である遠藤さんと一緒に絵を描く貴重な機会です。
おとなの方の参加もOKです。みなさまのご応募をお待ちしております!

 

 

 

 

 

ワークショップ「身の回りのものに絵を描いてみよう」
日時:7月27日(土)13:30~17:30
講師:遠藤彰子氏(出品作家)
会場:2階 実習室
対象:小学生以上(小学生は保護者の付添が必要)
参加費:おひとり500円
人数:20名

持ち物
・身の回りにあって、絵を描きたいと思うもの(シャベル・スプーン・洗濯板・お皿など何でもOK、海の近い美術館にちなんで流木を用意していますので、手ぶらでもOK)
・アクリル絵の具、筆など(お持ちの方・貸し出しもできます)
・汚れてもよい服装でお越しください。

申し込み:事前申込み制
当館の代表メールアドレス(museum@city.niigata.lg.jp)、あるいは、往復はがき(951-8556新潟市美術館宛)で、下記の項目を記入のうえ申し込み。
①参加者全員の氏名(1通につき4名まで)、②年齢か学年、③代表者の住所、④電話番号、⑤「遠藤展ワークショップ」
締め切り 2024年6月30日(日)17:00必着(応募多数の場合は抽選)

遠藤彰子展の詳細はこちらより